孤人奮闘

リアルがセカンドライフ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

きりお「スイした!蘇生頼む!」
エーデル「(もう・・・私が蘇生しないと、いけないんだから・・・
     でもおかげでそばにいられるからいいんだけど、って何考えてんのよ私///)」

?モントにて?
きりおがハイドでエーデルに近づく
きりお「だーれだ!」
エーデル「きゃ!!!!」
きりお「そ、そんな驚くことないだろ・・・」
エーデル「バ、バカじゃないの!急に女の子にそんなことするなんて!
     だからあんたはスイ失敗してばっかなのよ!」
きりお「なんだよー・・・そんなに怒るなよ・・・いいよ、帰るよ・・・」
シラス「師匠ちょっと聞きたいことがあるんすけどwwwwww」
きりお「しらす、どうしたー」

エーデル「(何やってんのよ私!これじゃ、きりおに嫌われちゃう・・・!)」
エーデル「(ほら・・・シラスも来ちゃった・・・)」
きりおによるダン講習が時間続いた。私はモントのマグマに落ちたり、
色んなことで暇つぶしをしたけどつまらなかった。

やっぱり、私にはきりおが必要なんだ。

伝えなきゃ・・・結果なんてどうでもいい。伝えないと、多分私クリアしても後悔する・・・


11 :2:2008/07/25(金) 00:52:58.27 ID:BgCCOOXG0
きりお「あれ!エーデル!お前何やってんだよ・・・風邪ひいちゃうぞ・・・」

エーデル「きりお、私、あのね・・・あのね・・・」
きりお「お前がいなかったらタウンで誰が蘇生してくれんだよ。
    お前以外じゃ、正直頼りないんだよ」
エーデル「え、それって・・・」
きりおの顔がモントのマグマよりも赤くなってた。
私の心も、多分同じ色をしていたと思う。
エーデル「きりお・・・パウチ使った・・・?」
きりお「なんで・・・?」
エーデル「私の心が、どうしていいかわかんないの」

そのとき、きりおのバフをよく見るべきだった
きりおはスプリント7を活かし、私の唇にあっという間に近づいて、きりおの唇を重ねた
きりお「これが俺のパウチだよ・・・エーデルだけにしか効かないけど」



スレから抜粋
いいぞもっとやれ
  1. 2008/07/25(金) 12:34:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

1日目

もはやダンの存在意義はタウンしかない
にもかかわらずPTにはいれねーけどLv上げろよな!ってどないなってまんねん
あれか、ソロか。完全ソロで99までか、しね

というわけで僕は首をくくりに樹海へと向かった

樹海というのは富士山の辺りにあるあれではなく世界樹の迷宮のことである

世界樹の迷宮とはDSのRPGソフトの名称なんだけどもなんか異様に難しいらしく、マビノギの友人が
やれよやれよとうるさいので始めた、俺が言うソフトもたまにはやれよな。しねよ

そんなわけで1日目
このゲームではギルド名を決めなければならないらしい
VIPからキマ☆スタなどと付けるわけにもいかないのでここは好きな漫画の1つである
「最強伝説黒沢」からホープレスというギルド名を名づける
ホープレスというのは望みがないという意味の造語であり、英語にすればホームレスが少し
かっこよく聞こえるのと同じようにホープレスと呼べばなんとかなんたら。
詳しくは黒沢嫁

そんなわけでギルドホープレスのメンバーを紹介しようと思う

レンジャーのニート
ソードマンのはいじん
パラディンのひきこもり
アルケミストのじゃきがん
メディックのメンヘラ

以上5人を主力に進めることにした
進めていくうちに1階は難なく突破、2階層目からFOEと呼ばれる中ボス格のモンスターが
ごろごろ徘徊しており尋常ではない恐ろしさだった。常々僕はマビノギ友人からFOEは避けろと
命令を賜っていたので避けていたもののPTのレベルが6に差し掛かったころ
 ______
|☆●     | ☆が僕で●がFOE
  ̄ ̄| | ̄ ̄

この様な状況に差し掛かり、総じて糸を使うのも如何なものかと思い突撃したら見事勝てた
というより余裕でした

特にはいじんとじゃきがんが大活躍、じゃきがんに至っては火炎術連発でTPが切れず
FOE戦では主力になることが多かったようである。
普段のじゃきがんはアタックで杖で殴ってばかりであるのでこのように活躍できる場があって
非常によかったと思える。パラディンはもはや一体何がしたいのか分かりかねる。
防御陣形とかもう使わないでしょう、トリックステップ無双じゃん

現在PT全員Lv8 3Fまで突入
  1. 2008/07/12(土) 01:58:33|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

俺は空気 ハイド 霧男
俺はミスト
ミストマン ミストマン

人生ソロの 命受けて
リアルを捨てて たたかう男
クラスで毎日 1人だぜ
2人組では 余りもの
余った事さえ スルーされ
数にカウント されてない
ハイドの力 身につけた
最弱ヒーロー
ミストマン ミストマン

まだ1番だけ
  1. 2008/04/28(月) 20:25:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第一回放送

http://203.131.199.132:8120/mistman.m3u

放送用アドレスは↑
  1. 2008/03/31(月) 12:57:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

時間の把握

気づいたら1日終わってた
死ねばいいよ
明日更新します
  1. 2008/02/11(月) 02:08:12|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

Dusk

Author:Dusk
現在更新不可19日頃更新よてゐ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

Counter

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。